家造りの前に考えておきたいこと|デザインは予算を考慮しておこう

外観

注文と分譲の違いと選び方

一軒家

新築一戸建ての場合、注文住宅にするか分譲住宅にするか決める必要があります。両者の一番の違いはすぐに入居できるかどうかです。分譲住宅の場合はすでに建っているので早めに入居できます。注文住宅の場合は設計プランから始まって土地探し、建築会社の決定から竣工までに最低でも1年かかります。建築費用も設計費用や土地の取得費用などがあるので注文住宅の方が高くなります。ただし自分たちの暮らしやすい新築一戸建て建てることができます。分譲住宅を購入する場合でも工夫によっては注文住宅の良い点を取り入れることができます。それは自由設計ができるプランを選ぶことです。最近は分譲住宅でも間取りの変更などが自由にできるプランが用意されています。

自由設計の分譲住宅が人気なのは、従来のお仕着せの分譲住宅とは違って住む人の意見が反映されるからです。家族それぞれに構成が違いますし、家に対する考え方も違います。それらの個性をすくい上げるのが自由設計の分譲住宅です。本当は注文住宅が理想なのに、資金面や長期計画が必要などの点で仕方なく分譲の新築一戸建てを購入する人も多いのです。しかし間取りの変更などが自由にできることによって、従来の分譲住宅とはひと味違う個性的な住宅にすることができるのです。これから分譲の新築一戸建てを購入する場合、立地の選び方に気をつける必要があります。特に日当たりと風通しは大事です。現地見学をする場合、時間帯をずらせて何度かチェックするようにします。